住宅ローンをフラット35に借り換えるには?

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋と提携しているところやインターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。

けれども、どのパターンでも審査というのもが必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。

といった物ではありませんので、注意してください。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。

という保険です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

自分の家を持つ。

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

以上の事から、支払をするにする。

という様子は誰でもできる事ではありません。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

簡単な方法としては銀行や信用金庫といったところでしょう。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、担当者に全て任せるという方法もあります。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

あまり周りの人に相談するものでもなく、どう選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

FPに相談するのが一番だと理解していてもどう相談したらいいかわからないという場合もあります。

CMなどで名前を聞くフラット35について聞きたい場合は各金融機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必須なようなのでHPで会場や日程などの情報を確認しましょう。

住宅を購入するときに資金調達で利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決定してから審査を始めることが多いです。

場合によってはローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている8000万円以下または建築費や取得するための価格以下となっています。

事前に年収や毎月の返済予定額などを確認できます。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ずシミュレーションするようにしましょう。

事前に借入可能額が分かっていれば物件探しも行いやすいですね。

住宅は人生で1番大きい買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類があります。

いったいこの2種類のプランは何が違うのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する物件が条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

一例としては、省エネルギー性や高齢者等配慮対策等級4以上のバリアフリー性などが入ります。

条件を達成していると特別金利のフラット35sが適用されます。

また、新築・中古かは関係なく利用できるのでぜひ活用してください。

参照:楽天銀行フラット35に借り換え!固定金利のメリット!【デメリットは?】

テレビやラジオCMなどでおなじみの楽天銀行フラット35ですが、中古住宅でも利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件を満たしていれば利用できます。

その条件の内容としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下の物件かなどの条件です。

他にも、中古ならではの条件があり、申込日の時点で竣工日から2年以上経っている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた住宅に対してのローン借り換えを行う場合は中古物件扱いになるのでこれらの要件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を購入する際もご活用ください。

長期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一つ、フラット35ですがどういったローンなのか宣伝広告などを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が不要なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料も不要なことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの融資になることや金利が固定されているので低く変動しても毎月の支払う金額は変わらないこと、銀行独自のローンではある諸費用ローンはないことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットはあるので申し込む際は確認してからにしましょう。

あまり利用することのない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

ここではフラット35を例にして契約をについて解説します。

新築で一戸建ての場合では、ローンの申し込み、設計審査を行い、建てようとしている物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は1週間から2週間くらいで通知されます。

その後は工事を進めていき、途中、完成後に現場審査の申請をしなければいけません。

竣工現場審査に合格したら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きに進めます。

念願の自宅を手に入れる際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどのローンを選んだら良いのか迷ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。

ここでは、選ぶ際重要なことをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利変動型のローンにするか固定型のローンにするかです。

金利が低いままならお得だけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と金利が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので他のローンと比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の事務手数料などを比べる必要があります。

ここ数年は、変動型から固定型へ利用者数が変わってきているようです。

住宅を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクがイヤでフラット35で組んだ人もいると思います。

できるなら今よりも毎月の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35への借り換え融資もあります。

その際、メリットが受けたい場合は金利差0.3%以上が目安となっています。

また、変動型ローンへ変更することもできます。

その際は、各金融機関のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて様々な面から検討するようにしてください。

借入に際して審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

一生のうち、最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。

その場合、住宅ローンを利用して住宅を購入しますよね。

その際、変動金利にするのか、固定にするのかが悩みの種です。

返済計画を重視する方はフラット35を利用しましょう。

2004年の開始当初から金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにいい時期といえます。

金利だけを見ると変動型の方が低いですが場合によっては毎月の返済額が高くなることもあります。

返済計画が崩れることもあるので気をつけましょう。

ローン用語で親子リレーという言葉を聞いたことはありませんか?どういったものかというと親子2代に渡ってローンを返しましょうというものです。

住宅ローンの1種類であるフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で安定した収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合に利用できます。

この制度の有効な場面としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢で住宅ローンが組めない場合などに有効です。

高齢だから長期でローンが利用できない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用しましょう。

バリアフリー物件にするためのリフォーム時にも利用できます。