信用取引っていうのはどんなもの?

信用取引というのは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引ができることや空売りができることが大きな特徴といえます。
特に空売りは、下落相場で大きな力を発揮し、上手に利用することで上げ相場の際でも下げ相場の際でも稼ぐことができる武器となります。
一方、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の場合は資金管理を慎重にすることが必要になってきます。
株式投資の初心者の方が、決算書を読みたいと思っても、書かれている内容がまったくわからないと思われます。
でも、心配する必要はありません。
投資の手段を株の短期売買に絞れば決算書を気にせず損益をプラスにできるからです。
株式投資の初心者から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと聞かれたら、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資をやることは難しいと考えます。
その訳は、このくらいのお金があれば上場されている幾多の銘柄の中から目についた投資先を取捨選択することができるからです。
これから株をやってみようと思って現在はバーチャルの取引にてやっています。
今は順調で、結構大きく勝ち越しているのですが、いざ、本当の株の取引をすると簡単にいかないかもしれません。
けれど、この株のバーチャルで得た感覚を忘れずに、今年中には、株の取引をしようと思っています。