プロミスのキャッシングの感想は?審査は簡単に通った?

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融のプロミスですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融のプロミスより高いイメージがある銀行プロミスのカードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融のプロミス業者の大半は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のプロミスのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融のプロミスに借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがプロミスのカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、プロミスのカードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までになるべく元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますがプロミスのカードローンには銀行のものと消費者金融のプロミスのものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

諸々の条件で消費者金融のプロミスの方が銀行プロミスのカードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のプロミスのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、プロミスで即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融のプロミスには総量規制というものがあり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがプロミスのカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のプロミスのカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融のプロミスは借りる時は簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行プロミスのカードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のプロミスのほうが多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融のプロミスもたくさんあるので女性の利用者も増えています。

プロミスのカードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のプロミスのサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

プロミスなど消費者金融で高評価を獲得している理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融のプロミスの場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融のプロミスも審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というものは銀行プロミスのカードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融のプロミスの最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行プロミスのカードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

参考:プロミス借りてみてどうだった?【私のプロミス借入体験記】